HOME > ブログ > 熱中症と水分補給

ブログ

< 肩こり、腰痛、こむら返りとマグネシウム  |  一覧へ戻る  |  夏バテと夏旬の食べ物 >

熱中症と水分補給


今年は、梅雨明け宣言があってから暑い日が続いています!
今年は救急車の音を聞く回数が多いと思っていたら、ニュースでも例年よりも熱中症になる方が増えているとありました。
 
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220705/k10013703701000.html
↑この記事にもありましたが
 
年齢別の搬送された人数
65歳以上の高齢者が8179人と半数以上を占めています。
18歳以上65歳未満が4815人
7歳以上18歳未満が1248人
0歳から7歳未満が110人となっています。
 
熱中症の発生場所では、
「住居」が6343人
「道路」が2566人
「仕事場」が1488人
 
これを見ると住居でも安心できませんし、実際家は昼間に熱を吸収して室内を暑い状態にしているので、そんな日は帰ってからも家の中の温度が下がりにくいので、家の中で熱中症にならない為にもエアコンをちゃんと使う必要があります!
 

高齢の方は、エアコンを使わず気づかないうちに熱中症になっていたなんて事もよく聞きます。



ガマンせずに使ってほしいというのもありますが、高齢の方と話をしていると『気づかない』という事も多々あるみたいです。
なので、一緒に住んでいても一緒に住んでいなくても、家族が『今日は暑いからエアコン使ってね』と声をかけてあげるのも必要かなと思います。

又、気温は高くなくても湿度が高いと、知らず知らずのうちに汗をかいていて熱中症になってしまう事もありますので、気温が高くなくても湿度が高いと感じたら水分補給をした方が良いです!
 


人(成人)の身体は50~60%が水分でできています。
身体に必要な栄養素を各器官に届ける為にも水分が必要です。
私は、水分補給に関しては、習慣にしてしまうのが一番良いと考えています。
 
朝の起床時にコップ1杯
 
朝食の時にコップ1杯
 
朝食~昼食の間にコップ1杯
 
昼食時にコップ1杯
 
昼食から夕食の間にコップ1杯
 
夕食の時にコップ1杯
 
お風呂前にコップ1杯
 
お風呂上りにコップ1杯
 
就寝前にコップ1杯
 
簡単に書きましたが、コップ1杯を200mlとしたら、これだけで1.8L飲めることになります。
実際に夏場の暑い時期は、30分~1時間に1回は、のどが渇いてなくても飲んだ方が良いと考えています。


 
正直、普段水分をあまり摂らない人からすると、『こんなに飲めないよ』となると思います。
実際に、お客様と話をしている時にこの話をしても水分を摂る習慣が無い方からすると、けっこう辛いものがあるみたいです。
 
今は私も1時間に1回500mlぐらいの水を飲んでいますが、この仕事を始める前や始めたばかりの頃の自分を思い出すと、そんなに飲んでなかったし飲めなかった記憶があります。
 
水分を摂る事の大切さを知って、少しずつ水分をマメに摂る習慣をつけて行って今があるので、水分を摂る事が苦手な人でも少しずつ飲む習慣をつけていくのが良いと思います(*^^*)


リラクゼーション整体Re.Body 長谷川






< 肩こり、腰痛、こむら返りとマグネシウム  |  一覧へ戻る  |  夏バテと夏旬の食べ物 >

このページのトップへ