HOME > ブログ > 良質な睡眠の為にできること!

ブログ

< LDLコレステロール  |  一覧へ戻る  |  栄養指導と四十肩 >

良質な睡眠の為にできること!

梅雨明けから厳しい暑さが続きましたね(^^;)
今週は比較的涼しくなり楽に過ごせていますが、皆様はいかがでしょうか?

蒸し暑くて寝れない、眠りが浅くて寝不足なんて話も聞くことが多くなりました。

今回は、良質な睡眠の為にできる豆知識をお伝えしたいと思います!




眠いと言えば、眠ることは脳の老廃物を除去であったり、脳の休息のために必要なことで、「脳には睡眠が不可欠」と言われてきました。

しかし、近年の研究で脳をもたないヒドラやクラゲなどの生き物も寝ていることが解ったのです。

しかも寝るのを邪魔すると、次の日はより長く寝るのだとか。
なんだか親近感がわいてきますね。
ごく単純な構造をした生き物でも寝ているという事は、睡眠は今解っていること以上に生き物にとって大切な要素なのもかもしれません。

さて、そんな大切な睡眠ですが、あなたはよく眠れていますか?
睡眠で大事なことは
「睡眠の時間」
「睡眠の質」
両方を成立させることです。

睡眠時間は基本的には、眠くて困ることがなければよいかと思いますが、全く基準がないわけではありません。

アメリカで行われた調査では、睡眠時間は7時間睡眠で一番死亡リスクが低いという結果が出ています。
7時間を基準にして、減らしたり増やしたりして調節してみましょう。

睡眠の質を高くするにはいくつか方法があります。
日光を浴びるのが手軽に試せます!
日光を浴びると眠くなるホルモン「メラトニン」が抑制され、その代わりに覚醒させるホルモン「セロトニン」が活性化。

その後メラトニンは14~16時間ほどで再分泌され、質の良い眠りへあなたを誘ってくれます。

例えば22時に寝るのなら6~8時に日光を浴びるのがおススメです。
散歩などを兼ねると気分転換や軽い運動にもなって良い生活習慣になります。

ちょっとした事なので、試してみて下さい。




寝不足や疲れが取れない!
という方は、リフレクソロジーとヘッドスパを組合わせて受けて頂くのもおすすめです!


リラクゼーション整体Re.Body  長谷川

< LDLコレステロール  |  一覧へ戻る  |  栄養指導と四十肩 >

このページのトップへ