HOME > ブログ > マッサージ後の揉み返し

ブログ

< 産後の不調をトータルケア!(初回特典あり)  |  一覧へ戻る  |  コレステロール >

マッサージ後の揉み返し




マッサージの後に揉んでもらった箇所が痛くなったり、重だるくなったりした事はありませんか?
そういった症状は揉み返しかもしれません。
名前は聞いたことがあるかもしれませんが、そもそも揉み返しってなに?
どうしてそうなるの?といった疑問があるかと思います。
 
 
その揉み返しについてお伝えしたいと思います。
 
 
マッサージの揉み返しには良い揉み返しと悪い揉み返しがあります。
  • 良い揉み返し
良い揉み返しは、好転反応と言われるものです。
好転反応は、体の状態が改善される過程で、一時的に体に表れる反応(不調)のことです。
 
今まで骨格の歪みや筋肉のコリ、ストレスなどで圧迫されてきた筋肉や神経が弛緩していくことで、身体が正常な状態へと改善される為、その変化により反応として症状に表れることがあります。
 
好転反応は個人差もありますが大体3日~1週間程度で落ち着くと言われています。
 
必ず好転反応が出るという訳ではありませんので、好転反応が出ないから効果がないといった心配は無用です。
 
好転反応には4つのパターンがあります。
1つ目は、弛緩反応
マッサージや整体、もみほぐしの刺激に反応します。
身体の不調が回復に向かい、筋肉がほぐれることで、縮まっていた筋肉に溜まっていた毒素や老廃物などが排泄する為に準備される状態です。
「だるい」、「眠い」、「倦怠感」といった変化が現れます。
 
2つ目は、過敏反応
身体の最も状態が悪い部位の反応が出て、その部位が治り始めると次に状態が悪い部位の反応が出始めるのが特徴です。
身体の状態が悪い部位や痛みが移動するような感覚にもなるので、マッサージや整体を受けていて最初に辛かった場所から辛い場所がズレたといったご経験がある方もいると思います。
「便秘や下痢」、「痛み」、「腫れ」、「発汗」といった変化が現れます。
 
3つ目は、排泄反応
マッサージや整体の施術を受ける事で、身体に溜まった毒素や老廃物を体外に排出しようとする動きのことです。
「吹き出物」、「発疹」、「肌荒れ」、「目やに」、「尿の色が濃くなる」といった変化が現れます。
 
4つ目は、回復反応
マッサージや整体により滞っていた血流が改善され、汚れた血液が一時的に体内を巡ります。血流が促進される事で、新陳代謝が促され身体が正常な状態に向かっていきます。
「発熱」、「痛み」、「腹痛や吐き気」、「動悸」といった変化が現れます。
 
これらが好転反応と呼ばれているものです。
この好転反応とは違い、身体に悪い反応を起こすのが揉み返しと言われています。
 
 
  • 揉み返し
揉み返しは、上記でも記載したとおり、マッサージや整体などを受けた後、身体に悪い反応を起こす事です。
 
揉み返しが起こる原因
 
1つ目は、過度な刺激が原因となります。
マッサージや整体で、圧す力が強すぎる手技や無理な姿勢での施術を受ける事で、筋肉にある筋膜や筋線維が損傷し炎症を起こしてしまう事があります。
 
筋肉は破壊されると、次に同じ刺激が来た時に負けない様にする為に硬くなってしまう事があります。
又、痛みを伴う強い刺激は中毒性があり、どんどん強い刺激を求める様になり、強い刺激を求める事で悪循環となり結果的に筋肉が固くなり余計に筋緊張が強くなってしまう事があります。
 
 
2つ目は、筋肉のコリすぎ
板の様にカチカチにコリすぎている状態の筋肉を急に強い力でほぐすと損傷する可能性があります。
 
3つ目は、初めてマッサージや整体を受けるお客様への施術者側の説明不足、強さの確認不足。
初めて施術を受ける方は、それまで刺激を受けて来ていないので、少しの圧でも痛みを感じ筋繊維が破壊されてしまう事があります。
 
しかし、初めて受ける方は、受ける時の刺激がどのぐらいが良いのか解らない事と、痛い方が良いと思って痛くても我慢してしまう方が多いので、強さが合わない状態で施術を受け続けてしまう事で揉み返しになってしまう事があります。
 
これは、初めてマッサージや整体を受ける方に説明できない施術者側に原因があると私は考えています。
刺激の感じ方は人それぞれです。
 
圧したときの筋肉のハリやコリ方でどのぐらいの強さで圧せば良いか解るという施術者がたまにいますが、実際にそう言っていた施術者が担当したお客様に別の日に施術を担当した際にお話を聞くと、「前回痛くて我慢していた」や「もっと圧して欲しかった」といったご意見を聞くことがあります。
実際に、私も20年ぐらい施術をしていますが、強さの確認はする様にしています。それは、この方はこのぐらいの強さというのが自分の中にあっても、実際に確認をすると違う場合があるからです。
 


 

揉み返しを防止するために!
揉み返し防止の為におすすめなのが、水または麦茶やほうじ茶などでの水分補給です。
マッサージや整体を受けた後は、血流が良くなっているので老廃物を身体から排泄する為に水分が必要になります。
その為、マッサージや整体を受けた後にしっかりと水分補給をしないと、老廃物を排泄する為に必要な水分が身体から足りなくなり、身体が水分不足な状態になってしまいます。
人の身体は6~7割が水分です。水分が足りなくなると血流も悪くなり、身体が回復するための栄養素を送ることも滞る事になり、揉み返しが出やすくなってしまいます。


 
 
もし揉み返しになってしまったら
揉み返しが起きてしまった部位へのアイシングがおすすめです。
冷湿布や保冷剤などで痛みが出た部位を十分に冷やしてください。
 
揉み返しが出ている部位は炎症が起きているので温めるのは避けてください。
温めてしまうとより痛みが強くなってしまいます。
お風呂もシャワーのみにして、入浴も避ける事をおすすめします。


 
 
揉み返しは、ベテランの施術者でも絶対に起こさないという事はできません。
なので、揉み返しを防止する対策、揉み返しが出ても軽く済む対策をして頂く為に、施術後に「水分を摂って下さいね」とお伝えさせて頂いています。
 

< 産後の不調をトータルケア!(初回特典あり)  |  一覧へ戻る  |  コレステロール >

このページのトップへ