HOME > ブログ > LDLコレステロール

ブログ

< 坐骨神経痛  |  一覧へ戻る  |  良質な睡眠の為にできること! >

LDLコレステロール

LDLコレステロール
 
LDLコレステロール=悪玉コレステロール
こう解釈されている方も多いのではないでしょうか?
 
ちなみにですが、悪玉コレステロールと悪玉菌は違うものになります。



 
LDLコレステロールの役割がめちゃくちゃ重要で、前回お伝えした【コレステロール】を運ぶ役割があります。
 
コレステロールの重要性は前回でお分かり頂いていると思いますが、そのコレステロールを各細胞などに運んでくれる重要な役割があるのです。
 
その際に血液で運びやすいようにリポタンパク質という形で血液に粒子状で存在します。
 
肝臓でコレステロールが作られ、リポタンパク質に変化してLDLコレステロールとして各細胞、各臓器に運搬される事を考えると、LDLコレステロールという運び屋さんが少なくなると当然ながら各細胞、各臓器にコレステロールが届きにくくなるので、前回お伝えしたような物に使われなくなり様々な病気や疾患を抱える様になります。



 


どうでしょうか?
一般的な文言であれば、LDLコレステロールは悪玉コレステロールだから体に良くないというのがありますが、LDLを理解していくと必ずしも悪いものではないと思って頂けたのではないでしょうか?
 
ただ、LDLが高いと心筋梗塞、脳梗塞のリスクが高いというのを聞いた事があると思います。
 
メリットが多そうな説明をしていますが上記のリスクがあるという矛盾ですが、はっきりとした理由があります。
 
LDLだけでは上記のリスクは起きづらいのですが、【活性酸素】と結びつくとリスクが大きいという日本の論文が多数あります。
 
LDL自体が酸化しやすいので活性酸素を減らしていくのがLDLによるリスクを下げるポイントになります。
 
なのでLDLが少し高い方はLDLを下げるよりも活性酸素を減らすことの方がリスクを低下させ多大な利益を生み出します。



 

話しが活性酸素の方にいきそうなので話しを戻しましょう。
 
LDLの役割は生命維持に必要であり、病気にならない為にも必要なものです。
 
皆さまはLDL低すぎたりしませんか?
LDLは100以下だとかなり低いので要注意です。
 
今回は勝手に悪者にされているLDLの重要性を説明しました。
またの更新をお楽しみください。
 

< 坐骨神経痛  |  一覧へ戻る  |  良質な睡眠の為にできること! >

このページのトップへ