HOME > ブログ > IVF(体外受精)とは

ブログ

< 思春期のニキビは体内ではどのような問題が起きてるの?  |  一覧へ戻る  |  セルフホワイトニング >

IVF(体外受精)とは

IVF(体外受精)とは

体外受精は大きく分けて2つの選択肢があります。

・体外受精 採取した精子を洗浄し、採卵した卵子に振りかけて自然受精を待ちます。
・顕微受精 採卵した卵子に針を使って精子を直接注入していきます。

1卵子につき1精子です。
体外受精の場合はある程度の精子の数や運動率が必要になります。
顕微受精は直接注入していくので数が少なく、運動率があまりない方でも受精卵に導くやり方になります。





 

IVF(体外受精)はどんな方が臨んでいる?

IVF(体外受精)にチャレンジするにあたり、いくつかの指標が必要になります。

例としては
・年齢が高齢である
・ホルモン検査のAMHが低い
・人工授精を繰り返し臨んでも着床しない
・排卵障害がある
・ご主人が乏精子症である

例ですがこう言った方がIVFにチャレンジしていますし、病院での治療をしている方は主治医から体外受精へ勧められる事が多いです。

また、43歳までの方であれば体外受精も保険適用になった事で早い段階から体外受精に臨む方も増えてきました。


 

産婦人科や助産院で施術してきた整体師の考え

病院の治療は様々な方法がありますが、現状だと40歳を過ぎると受精卵になる事も難しく、病院によっては同じ事を繰り返していきます。

そこでポイントになるのが【卵子の質】【精子の質】になります。

① 筋肉や神経を調整し、子宮や卵巣にホルモンや栄養が届きやすい環境をつくります。

② 健康診断などで用いる血液データを参考に栄養状態や体質を把握して卵子の質を下げている要素や卵子の質を上げるための必要な要素をみていきます。

① ②が良い状態になると体質が変わり、【質の良い卵子】や【質の上がった精子】が出来る様になり、受精卵が作れる可能性が上がります。





体質を変えていく事の利点はまだあります!
妊娠時に妊娠中トラブルが減少し、栄養に満ちた血液を分け与えられたお子さんは体質的にも恵まれ、元気に成長していく可能性が高まります。




 

最後に

妊娠は大きな目標ですがゴールではありません。 その先、妊娠中、母子ともに健康でいる事、出産後お母さんが早く回復し、楽しく子育てができる事、お子さんが元気に成長する事など、未来についても妊活中から真剣に考えていく必要があると思っています。 その為の身体のケア、栄養の摂り方などを婦人科系専門の整体師としてサポートしていきますので、一緒に頑張っていきましょう!


< 思春期のニキビは体内ではどのような問題が起きてるの?  |  一覧へ戻る  |  セルフホワイトニング >

このページのトップへ