HOME > ブログ > 寝違えの原因とケア

ブログ

< 冬の体の冷えと体調不良  |  一覧へ戻る  |  寒い季節・季節の変わり目のギックリ腰 >

寝違えの原因とケア

寝起きに首や肩、背中に痛みを感じる寝違え。 寝違えは多くの方が経験されていると思います。 首を動かすだけで痛みが走り 日常生活の様々なことに影響がでます。 寝違えの原因や対処法にはどういった事があるのでしょうか。 そもそも、寝てただけなのに痛くなる寝違えの原因って何? 寝違えは、首の周囲の靭帯や筋肉などに 急性の炎症が起きている状態です。 寝違えが起きる主な原因は、睡眠時の姿勢にあります。 普通は、無意識に寝返りを行い 首(身体)に負担がかからないようにしています。 ですが ・寝ている場所が狭い。 ・枕が合わない。 ・ソファーなどで寝てしまった。 ・疲れが溜まりすぎて筋肉や関節固くなる。 上記のような状態で長時間寝てしまうと 首まわりに負担がかかり、靭帯や筋肉を傷めてしまい 寝違えに繋がります。 寝違えの痛みは時間が経つと落ち着いてくるので 何も対処せずにそのままにしているという人もいると思います。 しかし! 寝違えのたびに放置していると 寝違えがクセになってしまうことがあります。 1週間以上も痛みが治まらない 頻繁に寝違えるという場合は整形外科で診てもらいましょう。 寝違えてしまったら 痛みを和らげる為に先ずは冷やしましょう!! 冷やすことで炎症が和らぎますので 保冷剤をタオルで巻いて痛みのある部分に当てて冷やしましょう。 首や肩のコリと同じように考え マッサージチェアやコリをほぐす道具を使って 首や肩をほぐすのは炎症を酷くしてしまい逆効果なので止めましょう! 寝違えにならない為には 疲れやコリを溜めすぎ無いように ストレッチや体操で筋肉を軟らかくする。 ストレッチや体操が面倒だったり 続けられない方は 定期的にマッサージや整体を受けて 体のケアをしっかりしましょう! 特に年末年始の寒さと忙しさが同時にやってくる時期は 寝違えになる方が増えるので予防はしっかりするのがおすすめです!

< 冬の体の冷えと体調不良  |  一覧へ戻る  |  寒い季節・季節の変わり目のギックリ腰 >

このページのトップへ