HOME > ブログ > 骨盤が歪むってどういうこと?

ブログ

< ぎっくり腰はなった初日の処置が大事  |  一覧へ戻る  |  冬バテ >

骨盤が歪むってどういうこと?

骨盤が歪むってどういうこと?

骨盤は上半身と下半身をつなぐ大切な部分。
実際には一塊りの大きな骨ではなく、腸骨、仙骨、坐骨、恥骨など複数の骨から成っています。
脊柱(首から背骨)とともに、体を支える「土台」のような役目をになっています。
この土台が歪むことによって、影響が全身に及ぶことは簡単にイメージできるでしょう。

骨が歪む原因
骨盤が歪む(姿勢が悪くなる)原因にはさまざまなものがありますので、以下にご紹介します。

〇姿勢に関する悪い癖 骨盤周辺の筋肉群や関節に余計な負荷をかける原因としては、姿勢に関する悪い癖が挙げられます。どちらかの足に体重をかけて立ったり、うつむくように歩いたり、横座りや、足を組むなどの「悪い癖」と言えるでしょう。

〇デスクワーク デスクワークをする人は、どうしても座っている時間が長くなり、それに伴って背中や腰に痛みを生ずることがあります。

〇運動不足 運動不足によって筋力が弱まると、体を支える力が弱まり姿勢が悪くなります。

骨盤が歪むとどうなるの?

〇体調の変化 骨盤が歪む(姿勢が悪くなる)と、体調にも様々な悪影響が出る可能性があります。以下に、その具体例をご紹介します。
・肩こり
・腰痛
・冷え性
・生理不順
・むくみ
・頭痛
・便秘   など

〇身体の変化 骨盤が歪む(姿勢が悪くなる)と、体のバランスが崩れる可能性があります。反り腰、猫背、さらにはX脚、O脚などにもつながる可能性が考えられます。姿勢が悪いのが先か、体のバランスが崩れたのが先かと言うのは「卵が先か、鶏が先か」という議論になってしまいますが、いずれもこれが、姿勢の悪化を進行させる悪循環である事は確かです。

当店では骨盤ブロックを使用しご自身の体重を利用して無理なく骨盤を調整します。 (テレビ等で見かけるバキバキではありません) ですが筋肉が凝り固まっている状態だと効果的な調整がしずらい為 さらにボディケアをおこなう事により筋肉がほぐれた状態になりより効果的な調整をおこなえる様にしています。

< ぎっくり腰はなった初日の処置が大事  |  一覧へ戻る  |  冬バテ >

このページのトップへ